コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高真空 コウシンクウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しんくう〔カウ‐〕【高真空】

日本のJIS(日本工業規格)で定められた真空の区分の一。真空度が10-5~0.1パスカルを指す。大気圧で示すと、上空約90~250キロメートルの圧力範囲に相当する。→低真空中真空超高真空

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしんくう【高真空】

10-1~10-5 Pa(パスカル)の圧力を持つ空間の状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高真空の関連キーワードスパッタイオンポンプ分子線エピタキシー法分子線エピタキシー真空コンデンサー油回転真空ポンプ回転式真空ポンプ往復式真空ポンプ電子ビーム溶解炉電子ビーム溶接電子ビーム蒸着ドライプロセス熱伝導真空計酸化レニウムイオンポンプゲッター合金真空ポンプカルシウム水銀整流器拡散ポンプ高柳健次郎

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高真空の関連情報