高さ(読み)たかさ

精選版 日本国語大辞典「高さ」の解説

たか‐さ【高さ】

〘名〙 (形容詞「たかい」の語幹に接尾語「さ」の付いたもの)
① 高いこと。また、その度合。
※塗籠本伊勢物語(10C前)八四「その滝、物よりことなり。たかさ二十余丈ばかり」
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「上がらふとしても、縁がたかさに上がりかねて」
三角形頂点から対辺に下した垂線の長さ。平行四辺形の一組の平行な辺の間の距離。柱面の上・下底間の距離。錐面の頂点と底面との距離。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「高さ」の解説

たか‐さ【高さ】

高いこと。また、その度合い。「高さを測る」「天井高さまで積み上げる」
図形上下の長さ。三角形の頂点から底辺に垂直におろした線の長さなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android