高等海難審判庁(読み)コウトウカイナンシンパンチョウ

精選版 日本国語大辞典「高等海難審判庁」の解説

こうとう‐かいなんしんぱんちょう カウトウカイナンシンパンチャウ【高等海難審判庁】

〘名〙 海難審判の第二審を行なう海難審判庁の中央機関。審判官五名の合議体で審理する。その裁決に不服のある者は東京高等裁判所に出訴することができる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の高等海難審判庁の言及

【海難審判】より

… 海難審判庁は,運輸大臣の所轄に属する行政機関である。そして,地方海難審判庁と高等海難審判庁とからなる二審制であるが,高等海難審判庁の裁決に対しては,東京高等裁判所へ訴えを提起する道がひらかれている。海難審判庁には,審判官と理事官が置かれ,理事官は,海難審判の請求および海難の調査ならびに裁決の執行をつかさどる。…

※「高等海難審判庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android