コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海難審判所 かいなんしんぱんじょ

4件 の用語解説(海難審判所の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海難審判所
かいなんしんぱんじょ

海難の調査および審判を行なう国の行政機関。2008年海難審判庁を再編し,国土交通省特別の機関として設置された。海難審判法(昭和22年法律135号)に基づき,職務上の故意または過失によって海難を発生させた海技士,小型船舶操縦士または水先人に対する懲戒を行なうための海難の調査および審判を行なうことを任務とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいなんしんぱん‐しょ【海難審判所】

国土交通省の特別機関。平成20年(2008)10月設置。海難(船舶事故)が発生した際に、海難審判法に基づいて海技従事者等の海難当事者の懲戒などを行う。東京の海難審判所のほか、函館・仙台・門司・長崎など全国8か所に地方海難審判所が置かれる。JMAT(ジェーマット)(Japan Marine Accident Tribunal)。
[補説]海難審判所は、それまで海難審判庁が海難発生に際して行ってきた「原因究明」と「行政処分(懲戒など)」のうちの後者を引き継いだもの。「原因究明」については国土交通省運輸安全委員会が引き継いでいる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいなんしんぱんじょ【海難審判所】

海難審判を行う国の機関(国土交通省による特別の機関)。重大な海難を取り扱う海難審判所(中央)と地方海難審判所からなる。一審制。海難審判庁より海難審判業務を引き継いで 2008 年(平成 20)に設置。 → 運輸安全委員会

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海難審判所
かいなんしんぱんしょ

海難(船舶事故)の発生の防止に寄与することを目的として、海難の調査および審判を行うことを任務とする国土交通省に置かれた特別の機関(海難審判法7条)。2008年(平成20)の国土交通省設置法等の改正によって設置された機関で、旧・海難審判庁の懲戒機能を継承した。なお、旧・海難審判庁の原因究明機能は運輸安全委員会に統合されることとなった。海難審判所は、海難が海技士、小型船舶操縦士または水先人の職務上の故意または過失によって発生したものであるときは、裁決でもってこれを懲戒しなければならない。懲戒の種類は、免許の取消し、1か月以上3年以下の期間の業務の停止、および戒告の3種類である。
 その組織には、政令で定められた定数の審判官および理事官が置かれ、長は、独立してその職権を行う審判官をもってあてる海難審判所長である。旅客の死亡を伴うような重大な海難は海難審判所が、それ以外の海難については、函館(はこだて)、仙台、横浜、神戸、広島、門司(もじ)(那覇支所を含む)および長崎の各地方海難審判所が、それぞれの管轄地において発生した海難の審判を行う。
 海難審判所は、理事官が事実関係を調査した結果、海難が海技士等の故意または過失により発生したと認めたときに行う審判開始の申立てによって、審判を開始する。審判官の指揮のもと公開の審判廷で審判が行われ、口頭弁論に基づいて裁決が行われる。これらの準司法的な手続が採用されているので、海難審判所が行った裁決に不服がある者が提起する裁決の取消訴訟は、一審が省略され、東京高等裁判所の管轄に専属する。海難審判所の裁決は、確定ののちに、理事官がこれを執行する。
 以上のような海難審判は、審判の請求を行う理事官が検察官に、審判官が裁判官に、それぞれ類似する職権を行使するものであるが、海難の発生防止という行政目的のために行われる免許取消しなどの不利益処分の事前行政手続である。したがって、海難審判の目的は海難についての刑事責任を追及するというものではないし、またこれは損害が発生した場合に賠償責任の有無が争われる民事裁判とも無関係である。[稲葉一将]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海難審判所の関連キーワード管轄国土交通省航空・鉄道事故調査委員会国交省MOC国土技術政策総合研究所国土交通大臣運輸族国土交通大臣免許特定特別監視地域

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海難審判所の関連情報