コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海難審判庁 カイナンシンパンチョウ

4件 の用語解説(海難審判庁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいなんしんぱん‐ちょう〔‐チヤウ〕【海難審判庁】

もと国土交通省の外局の一。平成20年(2008)10月施行の改正海難審判法に基づいて、海難審判庁はその原因究明機能を運輸安全委員会に、行政処分(懲戒など)を決定する審判機能を海難審判所それぞれ移管し、廃止された。
[補説]海難が発生したときに、その原因を明らかにし、裁決によって責任の有無の判断や、受審人に対する懲戒・戒告といった行政処分、指定海難関係人に対する勧告などを行った。地方海難審判庁高等海難審判庁とがあり、二審制をとっていた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

海難審判庁【かいなんしんぱんちょう】

海難審判を行う国土交通省(旧運輸省)の外局。海難の原因を探究し裁決をもって結論を下す準司法的機関。地方海難審判庁(第一審),高等海難審判庁(第二審)に分かれ,後者の裁決に対し不服の場合は東京高等裁判所に提訴できる。
→関連項目運輸省

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かいなんしんぱんちょう【海難審判庁】

海難審判などを行なっていた国土交通省の外局。事故原因究明の業務を運輸安全委員会に、海難審判の業務を海難審判所に引き継ぎ、2008 年(平成 20)に廃止。 → 運輸安全委員会海難審判所

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海難審判庁
かいなんしんぱんちょう

国土交通省の外局として置かれていた国の行政機関であり、海難審判を行うことによって海難の原因究明および懲戒とともに、その発生の防止を任務とするものであった。船舶事故に関する原因究明機能と懲戒機能とを分離し、原因究明機能を強化するために、2008年(平成20)の国土交通省設置法等の改正によって運輸安全委員会および海難審判所が設置され、原因究明機能を運輸安全委員会が、懲戒機能を海難審判所が担うこととなった。[稲葉一将]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の海難審判庁の言及

【海難審判】より

…海難が発生した場合,その原因を明らかにし,海難発生の防止に寄与することを目的とした行政上の制度であり,海難審判法(1947公布)に基づき,海難審判庁が行う審判。海難審判制度の立法主義には,二つの考え方がある。…

※「海難審判庁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海難審判庁の関連キーワード運輸安全委員会海難審判所国土交通省船員労働委員会航空・鉄道事故調査委員会国交省運輸安全マネージメントMOC国土交通大臣国土交通大臣免許

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海難審判庁の関連情報