コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野江基太郎 こうのえ きたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高野江基太郎 こうのえ-きたろう

1866-1916 明治-大正時代のジャーナリスト。
慶応2年生まれ。「長崎鎮西日報」「門司日日新聞」などに執筆。のち筑豊石炭鉱業組合につとめるかたわら,石炭業の研究と執筆活動をおこなった。大正5年死去。51歳。肥前松浦郡富江(長崎県)出身。号は鼎湖,非不能斎。著作に「筑豊炭鉱誌」「本邦石炭事情」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高野江基太郎の関連キーワードジャーナリスト大正時代