コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野流圧診療法(読み)たかのりゅうあつしんりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高野流圧診療法
たかのりゅうあつしんりょうほう

島根県浜田市の高野豊行が創案した,下肢の指圧による内臓疾患の診断および治療法。腹部内臓に異常のある場合に,その局所に大小の硬結・緊張・圧痛の見られることがある。高野は,1951年ころから,内臓と下肢との関係に注目し,内臓に異常のあるときは,その異常に関連する下肢の特定部位にも硬結・緊張・圧痛などが出現することを見いだした。そして,下肢の特定部位を圧診帯,圧診点と名付け,そこに手技または針刺激,その他の方法で調整操作を行なうと,腹部の自律神経も調整されて局所の硬結・緊張・圧痛などが,ただちに柔らぎ,鎮痛・緩和することを知り,この療法を創案したという。反射帯療法の一種といえよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android