コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高陽院・賀陽院 かやのいん

大辞林 第三版の解説

かやのいん【高陽院・賀陽院】

桓武天皇の皇子賀陽かや親王の邸宅。平安京左京中御門の南、大炊おおい御門の北、西洞院にしのとういんの東、堀川の西にあった。後冷泉・後三条天皇の内裏ともなる。のち藤原摂関家の邸宅。
○1095~1155) 鳥羽上皇の皇后。名は勲子。のち泰子。1139年院号宣下。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

高陽院・賀陽院の関連キーワード後三条天皇桓武天皇鳥羽上皇邸宅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android