コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高電圧試験 こうでんあつしけんhigh voltage test

世界大百科事典 第2版の解説

こうでんあつしけん【高電圧試験 high voltage test】

変圧器,発電機などの電力機器の絶縁を確かめる試験。高電圧絶縁試験,あるいは単に絶縁試験ともいう。所定の高電圧に耐えることを確認する絶縁耐力試験と,比較的低い電圧で絶縁の状態を調べる絶縁特性試験に大別される。電力機器の絶縁は数十年の間に加わる種々の電圧に対して正常な機能を果たさなければならないが,これを短時間の電圧を加えて検証するため種々困難な問題もかかえている。交流の電力系統に接続される機器については,19世紀末にアメリカの電気学会で標準化の提案があり,1907年に制定された標準規格で定格電圧の2倍の電圧を1分間加えることが定められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

高電圧試験の関連キーワードコッククロフト‐ウォルトンの装置コッククロフト=ウォルトンの装置