コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高須 たかす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高須
たかす

岐阜県南西部、海津(かいづ)市海津町の中心地区。自然堤防の微高地にあたり、最高地点は標高7メートル。出土品によると、この地は遠く奈良時代の開発と推測される。しかし、高須の繁栄は、元禄(げんろく)年間(1688~1704)に松平摂津守(せっつのかみ)義行(よしゆき)(尾張(おわり)藩主徳川光友(みつとも)の子)の城下町となってからである。なお、高須藩主の御館を模した城郭造りの歴史民俗資料館では、高須輪中や高須藩についての紹介が行われている。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高須の言及

【海津[町]】より

…東は木曾川,長良川を隔てて愛知県,西は揖斐(いび)川を隔てて三重県に接する。北隣の平田町とともに高須輪中を形成し,全町が標高1m前後の低地からなり,近年は0m以下の地域が増大している。中心集落の高須は,近世は高須藩の城下町で,本町,東町などの町が形成され,六斎市も開かれていた。…

※「高須」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高須の関連情報