海津市(読み)かいづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海津〔市〕
かいづ

岐阜県南西部,木曾川長良川揖斐川の3河川が集まる輪中地域にある市。西部は養老山地とその裾野に広がる扇状地にあたり,東で愛知県,南西で三重県に接する。 2005年海津町,平田町,南濃町が合体して市制。古くから人が住んだ地域で,貝塚や古墳が残る。中心部の高須はかつての城下町で,江戸時代は伊勢と尾張,美濃を結ぶ交通の要地。北東部の今尾は河川交通の拠点として発展した。米作が盛んなほか,養老山地の麓などでミカンやカキなどの果樹を栽培する。油島千本松締切堤は国の史跡。市域の一部は揖斐関ヶ原養老国定公園千本松原県立自然公園に属する。近畿日本鉄道養老線,国道 258号線が市の西部を縦断する。面積 112.03km2。人口 3万5206(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海津市の関連情報