コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海津 かいづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海津
かいづ

岐阜県南西部,海津市東部の旧町域。輪中地域にある。 1955年高須町と東江村,西江村,大江村,吉里村の4村が合体して海津町が発足。 2005年平田町,南濃町と合体して海津市となった。中心集落は高須で商業の中心地。米作のほか,近郊野菜の栽培が行なわれる。治水工事の犠牲者をまつる治水神社がある。油島千本松締切堤は国の史跡。一部は千本松原県立自然公園に属する。

海津
かいづ

滋賀県北西部,高島市北東部の旧村域。かつては湖港で,古代から近世にかけて北国貢米産物を京都へ運ぶ琵琶湖水運の要津であった。琵琶湖八景の一つ海津大崎 (→大崎 ) の岩礁がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいづ【海津】[岐阜県の市]

岐阜県南西部にある市。木曽川長良川揖斐(いび)川が縦貫し水害が多発したが、江戸時代から治水が進み現在は農業が盛ん。平成17年(2005)3月に海津町、平田町、南濃町が合併して成立。人口3.8万(2010)。

かいづ【海津】[滋賀県の地名]

滋賀県高島市の地名琵琶湖北岸に位置し、京都・敦賀(つるが)を結ぶ交通の要地として栄えた。もと、貝津と書いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海津【かいづ】

琵琶湖の北西岸,近江国高島郡にある地名。現在の滋賀県マキノ町(現・高島市)域。湖南大津堅田(かたた)と結ぶ湖上交通の要津で,また畿内と北陸をつなぐ古代北陸道の鞆結(ともゆい)駅が置かれたとする説があり,越前敦賀(つるが)に通じる七里半越(しちりはんごえ)の起点となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいづ【海津】

滋賀県高島郡マキノ町にある琵琶湖北西岸の港町の地名。甲斐津,萱津,貝津とも書いた。越前敦賀に至る七里半越の起点であり,畿内と北陸を結ぶ街道に位置し,湖南の大津,堅田との湖上交通は早くから開けて,湖北の要港として知られていた。中世の史料には〈海津東浜十ヵ村,海津西浜十一ヵ村〉とか,〈海津東(浜)荘 海津西(浜)荘〉とみえている。海津東浜は現在の海津,海津西浜は現在の西浜で,このあたりを称して海津荘といっていたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいづ【海津】

岐阜県南西部の市。長良川と揖斐いび川に挟まれた輪中わじゆう地帯に位置する。水屋が残る。
滋賀県高島市マキノ町東部の旧村名。琵琶湖北岸に位置し、かつて畿内と北国を結ぶ要港。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔滋賀県〕海津(かいづ)


滋賀県高島(たかしま)市マキノ町南東部の地区。琵琶(びわ)湖北岸、海津大崎(おおさき)の基部西側に位置する。古来、畿内(きない)と敦賀(つるが)を結ぶ中継点、琵琶湖水運の要衝として栄えた。江戸時代に入り、西廻(にしまわり)海運が発達すると湖上水運は衰退

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海津 (カイズ)

動物。タイ科の海水魚クロダイの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海津の関連キーワード岐阜県海津市南濃町駒野奥条入会地岐阜県海津市海津町七右衛門新田岐阜県海津市海津町本阿弥新田岐阜県海津市海津町安田新田岐阜県海津市南濃町駒野新田岐阜県海津市海津町万寿新田岐阜県海津市海津町帆引新田岐阜県海津市南濃町志津新田岐阜県海津市海津町西小島岐阜県海津市海津町長久保岐阜県海津市海津町日下丸岐阜県海津市海津町古中島岐阜県海津市海津町福一色岐阜県海津市海津町東小島岐阜県海津市海津町沼新田岐阜県海津市海津町高須町岐阜県海津市平田町仏師川岐阜県海津市海津町大和田岐阜県海津市海津町駒ケ江岐阜県海津市海津町安田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海津の関連情報