高麗石麻呂(読み)こまの いしまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高麗石麻呂 こまの-いしまろ

?-? 奈良時代の官吏。
父高麗(高倉)福信の楊梅宮(やまもものみや)造営の功により,宝亀(ほうき)4年(773)従五位下となる。10年父とともに高倉の氏(うじ)をあたえられたとおもわれる。のち治部少輔(しょう),中務(なかつかさの)少輔,美作介(みまさかのすけ)を歴任。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android