コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊梅宮 やまもものみや

世界大百科事典 第2版の解説

やまもものみや【楊梅宮】

《続日本紀》にみえる平城宮内の離宮。同書に宝亀3年(772)を最初として光仁天皇の時期に5回ほどあらわれる。宝亀8年9月の記事には,むかし藤原仲麻呂が楊梅宮の南に邸宅(田村第(たむらのだい))をつくって高楼をかまえ,内裏を見おろしたという記事があり,その位置からみて平城宮の東院がふさわしいとされている。また同年6月の記事には〈楊梅宮の南の池に蓮を生ず〉とあるが,これは平城宮東院の発掘調査で大規模な園池が見つかっていることともよく対応している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android