コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼の間 オニノマ

大辞林 第三版の解説

おにのま【鬼の間】

清涼殿内の西南の一室。殿上の間との境の壁に、白沢王はくたくおうが鬼を斬る絵が描いてあるのでいう。 → 清涼殿

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鬼の間の言及

【清涼殿】より

…殿上人等が詰める殿上の間に相当し,御倚子(ごいし),台盤,当番の女房の名を記した女房簡(ふだ)等が置かれている。南の端が〈鬼の間〉で,南側の壁に白沢王(はくたくおう)が鬼を切る画が描かれている。大床子の御膳(おもの)に使われる食器が厨子に納められている。…

※「鬼の間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鬼の間の関連キーワード鳥居障子櫛形の穴鬼食ひ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼の間の関連情報