鬼の霍乱(読み)オニノカクラン

大辞林 第三版の解説

おにのかくらん【鬼の霍乱】

〔「霍乱」は暑気あたりの意〕
いつも非常に健康な人が、珍しく病気にかかることのたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鬼の霍乱の言及

【霍乱】より

…当時は〈しりよりくちよりこくやまひ〉とも呼ばれた。なお,平素ひじょうにじょうぶな人が珍しく病気になることのたとえを〈鬼の霍乱〉という。【立川 昭二】。…

※「鬼の霍乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android