霍乱(読み)かくらん

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐らん クヮク‥【霍乱】

〘名〙 (「きかくりょうらん(揮霍撩乱)」の略。もがいて手を激しく振り回す意から) 暑気あたりによって起きる諸病の総称。現在では普通、日射病をさすが、古くは、多く、吐いたりくだしたりする症状のものをいう。今日の急性腸カタルなどの類をいったか。《季・夏》
※正倉院文書‐宝亀三年(772)五月・田部国守解「以国守当月十四日霍乱、起居不得」
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「夏くくらんを患ひてせんかたなく、衣を壱匁八分の質に置けるが」 〔漢書‐厳助伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐らん〔クワク‐〕【×霍乱】

漢方で、日射病をさした語。また、夏に起きやすい、激しい吐き気・下痢などを伴う急性の病気をいった。「鬼の霍乱 夏》「―に町医ひた待つ草家かな/久女
「―と云いける虎列剌(これら)に斃(たお)れ」〈蘆花不如帰

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霍乱
かくらん

急に倒れる日射病、あるいは真夏に激しく吐き下しする病気の古称である。現代でいう急性胃腸炎、コレラ、疫痢(えきり)などの総称に該当するものと思われる。鬼でも霍乱には寝込んでしまうというところから「鬼の霍乱」と称し、普段はじょうぶな人が珍しく病気にかかることのたとえに使われる。

[井上義朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かくらん【霍乱】

古くから知られていた,中国医学の病名の一つで,嘔吐と下痢を起こし,腹痛煩悶なども伴う病気の総称である。暑い時に冷たい飲食物をとりすぎるなど,冷熱の調和を乱すことによって起こると考えられていた。乾霍乱,熱霍乱,寒霍乱など種々の病名が記載されている。病状からみてコレラや細菌性食中毒などを含む急性消化器疾患と考えられる。現在の中国語では霍乱とはコレラのことである。【赤堀 昭】
[日本]
 日本では一般に日射病などの暑気あたりの諸病をさすが,古くは中国と同様激しい腹痛,下痢,嘔吐を伴う急性胃腸炎のことをいった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android