コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霍乱 カクラン

デジタル大辞泉の解説

かく‐らん〔クワク‐〕【×霍乱】

漢方で、日射病をさした語。また、夏に起きやすい、激しい吐き気・下痢などを伴う急性の病気をいった。「霍乱 夏》「―に町医ひた待つ草家かな/久女
「―と云いける虎列剌(これら)に斃(たお)れ」〈蘆花不如帰

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かくらん【霍乱】

古くから知られていた,中国医学の病名の一つで,嘔吐と下痢を起こし,腹痛や煩悶なども伴う病気の総称である。暑い時に冷たい飲食物をとりすぎるなど,冷熱の調和を乱すことによって起こると考えられていた。乾霍乱,熱霍乱,寒霍乱など種々の病名が記載されている。病状からみてコレラ細菌性食中毒などを含む急性消化器疾患と考えられる。現在の中国語では霍乱とはコレラのことである。【赤堀 昭】
[日本]
 日本では一般に日射病などの暑気あたりの諸病をさすが,古くは中国と同様激しい腹痛,下痢,嘔吐を伴う急性胃腸炎のことをいった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくらん【霍乱】

夏に起こる、激しい下痢や嘔吐を伴う病気の古称。今日の急性腸炎・コレラ・赤痢などか。また、日射病・暑気あたりともいう。 [季] 夏。 「鬼の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霍乱
かくらん

急に倒れる日射病、あるいは真夏に激しく吐き下しする病気の古称である。現代でいう急性胃腸炎、コレラ、疫痢(えきり)などの総称に該当するものと思われる。鬼でも霍乱には寝込んでしまうというところから「鬼の霍乱」と称し、普段はじょうぶな人が珍しく病気にかかることのたとえに使われる。[井上義朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

霍乱の関連キーワード東医宝鑑藤原延子鬼の霍乱虎列剌反魂丹奇応丸薬売りビリリ病草紙

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霍乱の関連情報