コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼面 キメン

デジタル大辞泉の解説

き‐めん【鬼面】

鬼の。また、の顔にかたどった仮面

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きめん【鬼面】

鬼の顔。また、鬼の仮面。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鬼面の言及

【行道面】より

…来迎会の形式によっては地蔵,竜樹という僧形の面や阿弥陀如来の面,持幡先導役の天童面なども使用する。なお,神社の祭礼において神幸の先導に獅子舞と王舞を伴う場合があり,これに使用する獅子頭と王舞面(鼻高,鼻ノ王,王ノ鼻)も法要の場合の師子の一群と同じ系統の仮面と考えられるので,この種類に含めたり,追儺(ついな)や鬼追い(鬼走り)などの会式に用いられる鬼面もこの呼称によってまとめられることが多い。その題材は仏教の神格が多いし,技法的には同じ時代の舞楽面に共通するもので,作者はふつう仏師と考えられ,表現の特色はその時代の仏教彫刻に通ずる。…

※「鬼面」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鬼面の関連キーワード鬼が来たりてホラを吹く日本の鬼の交流博物館大善寺玉垂宮の鬼夜鞍馬天狗(文学)小野川[温泉]鬼瓦(建築)きさらぎ星人鬼面人を威す藤岡鬼面瓦鐶付・釻付御陣乗太鼓鞍馬天狗伊那山地天の邪鬼米沢盆地赤鶴吉成与次郎釜遠州鬼瓦芦屋釜金剛杵

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鬼面の関連情報