コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀛涯勝覧 えいがいしょうらん Ying-ya sheng-lan; Ying-ya shêng-lan

2件 の用語解説(瀛涯勝覧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀛涯勝覧
えいがいしょうらん
Ying-ya sheng-lan; Ying-ya shêng-lan

中国,明代の馬歓が著わした南海諸国見聞録。1巻。永楽 14 (1416) ~景泰2 (51) 年に完成。馬歓は鄭和の南海遠征の第4次 (13~16) と第7次 (31~33) に随行し,帰国後その訪れた諸国の見聞をまとめて本書を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀛涯勝覧
えいがいしょうらん

中国、明(みん)代「鄭和(ていわ)の西洋下り」(1405~33。南海遠征)に参加し、その見聞をまとめた著作。著者は馬歓で、浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)県出身のイスラム教徒。前後7回の航海のうち、彼が参加したのは第四、六、七次の3回であったが、その主要部分は第4次航海の報告であろうと考えられ、「鄭和の西洋下り」に関する現存のもっとも貴重な文献である。記述の対象は占城(せんじょう)(チャンパ)から天方(メッカ)に至る20か国に及んでいて、風俗、物産、制度、住民などを詳しく紹介している。なお、本書にはいくつかの系統の版本があるが、馮承釣(ふうしょうちょう)によって校注された『瀛涯勝覧校注』(1955・中華書局)を使うのが適当である。[寺田隆信]
『小川博訳注『馬歓・瀛涯勝覧』(1969・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀛涯勝覧の関連キーワード義浄世事見聞録東方見聞録著し衣見聞録イリヤッド 入矢堂見聞録坂合部石布武備志《ドン・ロドリゴ日本見聞録》《西インド新見聞録》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone