鬼頭英一(読み)きとう えいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鬼頭英一 きとう-えいいち

1908-1969 昭和時代の哲学者。
明治41年6月26日生まれ。立大・武蔵大・金沢大教授をへて九大教授。はやくから実存主義哲学にとりくみ,ハイデッガー,ヤスパースらを紹介。七○年安保にむけての学園闘争のさなか,昭和44年9月9日自殺した。61歳。愛知県出身。東京帝大卒。著作に「ハイデッガーの存在学」「哲学入門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android