コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚卵石 ぎょらんせき oölith, oölite

2件 の用語解説(魚卵石の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

魚卵石

ウーライト

魚卵石

球状または卵状の粒(oöeids)でできた石灰質岩石で,核の周囲に炭酸カルシウムが順次に堆積して形成されたものである.同心状構造が代表的で,普通は放射状構造にはならない.核の半径よりも被覆が薄い場合には,粒子は表面的(suprficial)ウーライトと呼ばれる[Illing : 1954].ウーライト(oölite)は独立した粒子を示すものとして用いられ,岩石はウーライト(oölith)と呼ばれたが,研究者によってはoölithを独立した粒に使用している[Bertrand : 1793, Lyell : 1935, Illing : 1954, Baturst : 1971].ギリシャ語のoonは卵の意味.ロエストーン(roestone)[Jameson : 1804].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚卵石の関連キーワード凍雨イマトラライトバイパータイト組織ウーライト魚卵状石灰岩豆石藻球スフェライト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone