コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偶像 グウゾウ

4件 の用語解説(偶像の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐう‐ぞう〔‐ザウ〕【偶像】

木・石・土・金属などで作った像。
神仏をかたどった、信仰の対象となる像。
あこがれや崇拝の対象となるもの。「若者の偶像

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぐうぞう【偶像】

偶像という漢語は本来は人形のことであるが,中でも崇拝の対象となる像をいう(《漢書》)。この意味では神像や仏像と同じであるが,とくに〈偶像〉という場合には,真のものではない別の姿ないし中間に介在するものという意味合いを含んでいる。哲学用語としては姿とか像を意味するラテン語イドラidola(単数形idolum,英語のアイドルidolの語源)の訳語であるが,ルネサンス期にG.ブルーノが本当のものを見えなくさせる先入見の意味でこの語を用い,ついでF.ベーコンが〈人間の知性をとりこにしている偶像〉を分析して,人類なるがゆえに人間本性にひそむものを〈種族の偶像idola tribus〉,個人のもつ先入見を〈洞窟の偶像idola specus〉,社会生活から起こる偏見を〈市場の偶像idola fori〉,学説から生じるものを〈劇場の偶像idola theatri〉と名付け,ありのままの認識が困難であることを示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐうぞう【偶像】

木・石・土などで作った像。特に、神や仏をかたどった像。
あこがれや尊敬・妄信などの対象となっている人や物事。 「今や過去の-にすぎない」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偶像
ぐうぞう
idola

漢語としては単に金属、石、木などでできた像を意味するが、ギリシア語エイドーロンeidlon(複数形エイドーラeidla)、ラテン語イドルムidolum(複数形イドラidola)の訳語としてみると、哲学的、宗教的に特殊な意味を帯びてくる。エイドーロンはもともと姿、影像などを意味するが、哲学史上、知覚し認識する人間と、実在する対象との間に、なんらかの形で介在する像と考えられた。古代ギリシアの原子論者によれば、対象から小さな像であるエイドーラが剥離(はくり)して感覚器官に流れ込み、魂の原子と出会うことによって、認識は成立する。またF・ベーコンでは、真理の認識を妨げるものとして、先入的謬見(びゅうけん)としてのイドラ(偶像)の除去が要求され、種族のイドラ(人間本性一般に付随した先入主)、洞窟(どうくつ)のイドラ(個々の人間に付随した先入主)、市場のイドラ(ことばに付随した先入主)、劇場のイドラ(学派や体系に付随した先入主)が数えられている。
 宗教的には、物質的なもの(石、骨、像その他)に神が宿る、あるいは神性が含まれていると信じ、それを礼拝することを偶像崇拝idolatria(ラテン語)とよぶ。最近の民俗学によれば、偶像崇拝は宗教の第一段階ではなく、むしろその退化したもので、真の神観を失うときに、かならず偶像崇拝に陥るのだといわれる。[大谷啓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の偶像の言及

【偶像崇拝】より

…感覚的対象を崇拝すること。偶像は元来神像,仏像を含むが,偶像には軽蔑の意があるととられやすいために,この語の使用をさけて,〈神像崇拝〉というべきだとする学者もある。文化のきわめて未発達な狩猟採集経済の段階では感覚的事物を宗教対象とすることは少なく,文化がやや発達したところに呪物amulet(護符)や霊物fetishの崇拝が盛んになる。…

※「偶像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

偶像の関連情報