コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚味始 まなはじめ

世界大百科事典 第2版の解説

まなはじめ【魚味始】

真菜始,真魚始とも書き,魚味の祝とも,略して魚味ともいう。マは美称,ナは魚の意。平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,小児に初めて魚鳥の肉などの動物性食品を与える儀式をいう。誕生後20ヵ月というのが一応の標準だったらしいが,実際には11ヵ月,13ヵ月,15ヵ月,19ヵ月,25ヵ月などいろいろで,数え年3歳という例もみられる。魚としては鯛が用いられた。1人が小児を抱きかかえ,別の役がまず鯛を含ませ,次に御飯,次に漬汁,あるいは焼鯛1箸,次に雉(きじ)を1箸,次に御飯を汁物に漬けたもの2箸などの例がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android