コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食(い)初め(読み)クイゾメ

デジタル大辞泉の解説

くい‐ぞめ〔くひ‐〕【食(い)初め】

出生後初めて食事をさせる祝いの儀式新調の膳(ぜん)を使って食べさせるまねをする。生後100日目にする所が多い。御食い初め。箸(はし)立て。箸揃(はしそろ)え。百日(ももか)。
[補説]最近「食う」をきらって「お食べ初め」ということがあるが、これは正しくない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くいぞめ【食初め】

誕生後100~120日前後に行う生児の食べ初めの祝い。ちょうど生児の首がすわる頃なので,〈百日(ももか)の首すえ〉とか〈百日の一粒食い〉〈箸初め〉などともいう。乳以外の大人と同じ食物を食べさせることによって,一段と成長を確認する儀礼である。平安朝以降の文献には,百日祝の記録があるが,民間では生児の茶椀・箸・膳をそろえ,膳には尾頭つきの魚と小石をのせて祝う。小石は歯が丈夫になるためと説明されているが,産神(うぶがみ)の依代(よりしろ)と考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の食(い)初めの言及

【育児】より

…宮参りから帰ると,家では餅や赤飯で祝い共食する。 100日前後には〈箸初め〉とか〈百日(ももか)の首すえ〉といって,乳以外のおとなと同じ食物を初めて食べさせる食初めの祝をする。100日目ころは,生児の首がすわるという大切な成長の折目である。…

※「食(い)初め」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android