コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮑魚の肆に入るが如し ホウギョノイチグラニイルガゴトシ

2件 の用語解説(鮑魚の肆に入るが如しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

鮑魚(ほうぎょ)の肆(いちぐら)に入(い)るが如(ごと)し

塩漬けの臭い魚を売る店に入るとそのにおいがしみつくように、悪い仲間とつきあっているとそれに染まってしまう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうぎょのいちぐらにいるがごとし【鮑魚の肆に入るが如し】

〔孔子家語〕
悪臭を放つ塩漬けの魚を商っている店の中に入るとその悪臭に慣れて何も感じなくなってしまうように、不善の人や悪人・小人などと交わっているといつの間にかそれらの人々の性向に染まってしまうということのたとえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone