コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居敏文 とりい としふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居敏文 とりい-としふみ

1908-2006 昭和-平成時代の洋画家。
明治41年2月26日生まれ。昭和7年渡欧,パリで絵をまなび,林武師事。12年独立美術協会展に初入選,21年会員。ドイツ表現派の影響をうけるが,戦後は穏健で清澄な作風をしめす。日本美術家連盟理事。平成18年8月15日死去。98歳。新潟県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。作品に「森のつどい」「家族の旅」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居敏文の関連キーワードいわき市立美術館

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android