コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥潟隆三 とりがた りゅうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥潟隆三 とりがた-りゅうぞう

1878-1952 明治-昭和時代の外科学・免疫学者。
明治11年8月20日生まれ。大正11年母校京都帝大の教授。スイスのベルン大で血清細菌学を研究し,免疫学上のインペジン学説を提唱。また平圧開胸術を創案した。日本外科学会会長。昭和27年2月19日死去。73歳。秋田県出身。号は五稜

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥潟隆三の関連キーワード大館市立鳥潟会館附属郷土資料庫昭和時代明治