コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五稜 ごりょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ごりょう【五稜】

韓国南部、キョンサンプクト(慶尚北道キョンジュ(慶州)市街の古墳公園の中にある古墳。新羅の始祖・ヒョッキョセ(赫居世)王とその王妃・アリョンワンビ(閼英)、第2代王・ナメ(南海)王、第3代王・ユリ(儒理)王、第5代王・パサ(婆娑)王の墳墓といわれている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

五稜の関連キーワードキャッスルオブグッドホープ道南いさりび鉄道[株]北海道函館市五稜郭町北海道立函館美術館土方歳三と宇都宮古屋佐久左衛門五稜郭の戦い小山内 鉄弥五稜郭タワー亀田役所土塁大岡助右衛門ナールデンGO太くん細谷安太郎五稜郭公園寺内正毅黒田清隆星形要塞ウトレー榎本武揚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五稜の関連情報