コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥羽屋里長(2世) とばやりちょう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥羽屋里長(2世)
とばやりちょう[にせい]

常磐津節富本節の三味線方。1世鳥羽屋里長の高弟。目が不自由だった。初名里桂。師とともに富本から常磐津に転じ,師の富本復帰の際は常磐津に残り,故沢と改姓。寛政7 (1795) 年鳥羽屋姓に復し,里慶と称し,翌年里長襲名。同 10年再び富本に転じた。富本『山姥』『忠信』は彼の作曲といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android