鳥飼宗慶(読み)とりかい そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥飼宗慶 とりかい-そうけい

?-? 戦国-織豊時代の書家。
摂津鳥飼(大阪府)の土豪飯尾常房(いのお-つねふさ)の飯尾流をまなび,一派をたてて鳥飼流の祖となる。永禄(えいろく)(1558-70)の初めごろ,三好長慶(ながよし)の命で淀川の治水にあたっている。通称は六左衛門。別号に隣松斎。姓は鳥養とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android