コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯尾常房 いいお(いのお) つねふさ

美術人名辞典の解説

飯尾常房

室町時代の書家。阿波の人。鳥飼流の祖。通称は彦六、左衛門尉と称する。尊円法親王の門で、室町幕府の書吏となる。歌を能くする。文明9年(1477)歿、56才。〔一説に文明17年(1485)歿、69才〕

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯尾常房 いのお-つねふさ

1422-1485 室町時代の武将,書家。
応永29年3月19日生まれ。阿波(あわ)(徳島県)の守護細川成之(しげゆき)につかえ,将軍足利義政の右筆(ゆうひつ)をつとめる。仏教に通じ,和歌を尭孝(ぎょうこう)にまなぶ。また青蓮院(しょうれんいん)流の書をおさめ,飯尾流を創始した。文明17年閏(うるう)3月23日死去。64歳。通称は彦六左衛門。姓は「いいお」「いいのお」ともよむ。
【格言など】汝(なれ)や知る都は野辺の夕雲雀(ひばり)あがるを見ても落つる涙は(「応仁記」)

飯尾常房 いいのお-つねふさ

いのお-つねふさ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

飯尾常房 (いいおつねふさ)

生年月日:1422年3月19日
室町時代;戦国時代の武士
1485年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

飯尾常房の関連キーワード生年月日戦国時代大饗正虎鳥飼宗慶楠正虎尭孝

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android