コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥養利三郎 とりかい りさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥養利三郎 とりかい-りさぶろう

1887-1976 大正-昭和時代の電気工学者。
明治20年2月8日生まれ。大正12年母校京都帝大の教授となり,昭和20年同大総長。変圧器巻線,高周波焼き入れなどについての理論的・実用的研究や,戦後の大学制度改革で知られる。42年文化功労者。昭和51年9月24日死去。89歳。徳島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥養利三郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android