コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳩居 キュウキョ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐きょ〔キウ‐〕【×鳩居】

《「詩経」召南・鵲巣から。ハトは巣を作るのがへたなため、カササギの巣に入る意》妻が自分で家をもつことができず、夫の家を自分の家とすることのたとえ。また、借家住まいのたとえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうきょ【鳩居】

〔詩経 召南、鵲巣
はとは巣を作ることがへたなので、鵲かささぎの作った巣にいること。転じて、婦人が自分の力で家をなすことができないで、夫の家にいること。また、借屋住まいのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳩居の関連キーワード熊谷直孝(1)大村益次郎散らし書き熊谷直孝安達安子熊谷蓮心尾崎称斎熊谷直心熊谷直行篠田桃紅中京区

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳩居の関連情報