コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳鳴閣思文 ほうめいかく しぶん

1件 の用語解説(鳳鳴閣思文の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳳鳴閣思文 ほうめいかく-しぶん

?-? 江戸時代後期の僧,狂歌師。
天保(てんぽう)(1830-44)のころの人。下野(しもつけ)(栃木県)日光修学院大僧正。芍薬(しゃくやく)側の判者で,日光山水連の長となる。字(あざな)は大痴。別号に竜華庵,玄々庵,一釣翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳳鳴閣思文の関連キーワード林鮒主陶形芳陳芬館読兼槌音成萩花妻花廼屋光枝日の下花満四方山詠女蘆庵一馬古金鏽人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone