コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳鳴閣思文 ほうめいかく しぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳳鳴閣思文 ほうめいかく-しぶん

?-? 江戸時代後期の僧,狂歌師。
天保(てんぽう)(1830-44)のころの人。下野(しもつけ)(栃木県)日光修学院大僧正。芍薬(しゃくやく)側の判者で,日光山水連の長となる。字(あざな)は大痴。別号に竜華庵,玄々庵,一釣翁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone