コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴海文四郎 なるみ ぶんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳴海文四郎 なるみ-ぶんしろう

1878-1933 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
明治11年10月1日生まれ。酒造業をいとなみ,東奥銀行,弘前電灯,福島醸造などの役員をつとめる。大正6年衆議院議員(当選2回,政友会)。昭和8年2月28日死去。56歳。青森県出身。前名は明治郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳴海文四郎の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ[各個指定]芸能部門伊藤大輔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android