コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴鐘 めいしょう

大辞林 第三版の解説

めいしょう【鳴鐘】

寺で、鐘をつき鳴らすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鳴鐘の関連キーワード冥・名・命・明・盟・瞑・茗・迷・銘・鳴深田正室(ふかだまさむろ)田中久重(初代)マテオ・リッチ津田助左衛門横山 白虹新興俳句万年時計田中久重穴井 太深田円空横山白虹和時計鄭斗源穴井太揺擺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴鐘の関連情報