鶚鮨(読み)ミサゴズシ

精選版 日本国語大辞典の解説

みさご‐ずし【鶚鮨】

〘名〙 鶚がとってきて、岩陰や岸の砂石などに蓄えて置いた魚に、海水などがかかって、自然に発酵して酢に漬けたような魚肉となったもの。みさごのすし。
※俳諧・桜川(1674)夏「生なれや魚木にのほるみさこすし〈野夫〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる