コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚木 ギョボク

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐ぼく【魚木】

フウチョウソウ科の常緑高木。熱帯に分布し、葉は3枚の倒卵形の小葉からなる複葉。初夏、黄白色の花を群生する。材で魚の形に作り釣りの擬似餌(ぎじえ)にする。あまき。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょぼく【魚木】

フウチョウソウ科の落葉小高木。九州南部・沖縄、中国および熱帯に分布。材は軟らかく軽いので、マッチの軸、履物、漁具の浮きなどに利用する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

魚木 (ギョボク)

学名:Crataeva religiosa
植物。フウチョウソウ科の半常緑高木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

魚木の関連キーワード仁科神明宮ギョボク一般概念雄略天皇神社建築伊勢神宮家形埴輪春日造大社造住吉造神明造千木高床皇居

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚木の関連情報