コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚木 ギョボク

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐ぼく【魚木】

フウチョウソウ科の常緑高木。熱帯に分布し、葉は3枚の倒卵形の小葉からなる複葉。初夏、黄白色の花を群生する。材で魚の形に作り釣りの擬似餌(ぎじえ)にする。あまき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょぼく【魚木】

フウチョウソウ科の落葉小高木。九州南部・沖縄、中国および熱帯に分布。材は軟らかく軽いので、マッチの軸、履物、漁具の浮きなどに利用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

魚木 (ギョボク)

学名:Crataeva religiosa
植物。フウチョウソウ科の半常緑高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

魚木の関連キーワード仁科神明宮雄略天皇伊勢神宮神社建築ギョボク家形埴輪一般概念神明造大社造住吉造春日造高床千木皇居

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android