岩陰(読み)イワカゲ

精選版 日本国語大辞典の解説

いわ‐かげ いは‥【岩陰】

〘名〙 の背後や下方にあって、隠れている部分。岩がくれ。
※万葉(8C後)四・七九一「奥山の磐影(いはかげ)に生ふる菅(すが)の根のねもころ吾(われ)もあひ思はざれや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の岩陰の言及

【洞窟】より

…岩の中にできた地下の空間で,人間が入っていけるだけの大きさをもち,入口の長径が奥行きまたは深さより小さいもの。断面が入口のところで最大となるものは,岩陰と呼んで区別している。自然の洞窟のうちで最も数が多いのは,石灰岩の中にできる石灰洞であって,鍾乳石などの二次生成物が多く見られるので,一般に鍾乳洞と呼ばれる。…

※「岩陰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩陰の関連情報