コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩陰 イワカゲ

世界大百科事典内の岩陰の言及

【洞窟】より

…岩の中にできた地下の空間で,人間が入っていけるだけの大きさをもち,入口の長径が奥行きまたは深さより小さいもの。断面が入口のところで最大となるものは,岩陰と呼んで区別している。自然の洞窟のうちで最も数が多いのは,石灰岩の中にできる石灰洞であって,鍾乳石などの二次生成物が多く見られるので,一般に鍾乳洞と呼ばれる。…

※「岩陰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

岩陰の関連キーワード愛媛県上浮穴郡久万高原町上黒岩フランコ・カンタブリア美術群馬県吾妻郡東吾妻町原町ロージェリーバース遺跡長野県南佐久郡北相木村タッシリ・ナジェール長野県上田市菅平高原カバノリ(樺海苔)ルムスティエ遺跡ラマドレーヌ遺跡和歌山県田辺市湊ラフェラシー遺跡コンブカペル遺跡クロマニヨン人マドレーヌ文化ムスティエ文化上黒岩岩陰遺跡大谷寺岩陰遺跡クロマニョン人代海域公園地区

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩陰の関連情報