コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野夫 ヤフ

デジタル大辞泉の解説

や‐ふ【野夫】

《「やぶ」とも》田舎に住む男。田舎者。自分を謙遜していうこともある。田夫(でんぷ)。
「―といへども、さすがに情け知らぬにはあらず」〈奥の細道

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

野夫【やふ】

中国の木刻画家。本名鄭誠之。浙江省楽清の人。上海の美術専門学校を出,制作のかたわら〈一八芸社〉(1930年),〈野風画会〉(1932年)を結成し,魯迅の興した木刻運動を推進した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やふ【野夫 Yě fū】

1909‐73
中国の版画家。本名は鄭野夫。浙江省楽清の人。上海美術専科学校在学中に《一八芸社》や《野風画会》の木刻創作活動に参画した。1936年江豊と《鉄馬版画会》を組織し,39年浙江省麗水に木刻用品を製造販売する合作社を設立し,さらに木刻製造工場へ発展し江西,福建,上海の各地に事業を広げた。またこの事業のほかに通信教育によって新人を育成した。白黒の単純な中に強靱な版技を示した。【遠藤 光一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やふ【野夫】

〔「やぶ」とも〕
( 名 )
いなかに住む男。いなかもの。田夫でんぷ
( 代 )
一人称。自分のことをへりくだっていう語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

野夫の関連キーワード伊藤伊兵衛(4代)与謝野晶子と松戸冶・夜・爺・野熊野速玉大社熊野三所権現熊野那智大社菅沼 宗四郎スバル(昴)熊野那智神社武内 検校玉井 正夫熊野曼荼羅宮口 精二大岡 昇平藪に剛の者熊野三山玉井正夫熊野信仰イエフー仲谷 昇

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野夫の関連情報