鶯の谷渡り(読み)ウグイスノタニワタリ

デジタル大辞泉の解説

鶯(うぐいす)の谷渡(たにわた)り

から谷へ、また、から枝へ鳴きながら渡ること。また、そのときの声。
曲芸などで、物の一方から他方へ移ること。また、物を一方から他方へ移すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うぐいす【鶯】 の 谷渡(たにわた)

① 鶯が谷から谷へと鳴きながら渡ること。また、その時の一種の鳴き声。枝から枝へ行き来する場合にもいう。《季・春》
※俳諧・鷹筑波(1638)五「鶯も尺八ふくか谷わたり〈氏満〉」
② 曲芸などで、物の一方から他方へ巧みに移ること。
※歌舞伎・三十石艠始(1759)序幕「是より〈略〉鶯の谷渡り、あなたこなたへ通うて参る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる