鶴ヶ岱チャランケチャシ(読み)つるがだいチャランケチャシ

日本の城がわかる事典の解説

つるがだいチャランケチャシ【鶴ヶ岱チャランケチャシ】

北海道釧路市郊外の春採(はるとり)湖の北岸に突きだした半島にある、北海道の先住民アイヌの砦跡。国指定史跡。チャランケ(話し合い・談合)を行うチャシ(砦)を意味するアイヌ語。ちなみに、チャランケはのちに和人が名づけたもので、アイヌ固有の呼称ではない。2つの堀跡が残るチャシ跡は東西30m、南北18mほどの規模で、300年以上前の江戸時代のものと推定されている。この付近はアイヌ民族がトーコロカムイ(湖の神様)の遊ぶ聖地として大切にしてきたところで、1916年(大正5)に、その場所からチャシ跡が発見された。JR釧路駅前からバス。太平洋炭礦炭鉱展示館からは車で約10分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android