コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春採 はるとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春採
はるとり

北海道東部,釧路市南東部,春採湖の湖畔にある集落。 1887年,春鳥炭鉱 (はるとりたんこう) が開かれてから炭鉱集落が形成され,釧路炭田の一中心地をなした。第2次世界大戦後は釧路市の発展に伴って住宅地としても著しく発展し,海岸段丘上に新市街地が生まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

春採の関連キーワード市川 鰕十郎(5代目)鶴ヶ岱チャランケチャシ鶴ヶ岱チャランケ砦跡北海道釧路市春湖台春採台地竪穴群モシリヤチャシ北海道釧路市釧路(市)山本 多助夏・秋採用汽水湖

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春採の関連情報