神様(読み)かみさま

精選版 日本国語大辞典「神様」の解説

かみ‐さま【神様】

〘名〙 (「さま」は接尾語)
① 「かみ(神)」の敬称。
※浄瑠璃・日吉丸稚桜(1801)三「ほんにあらゆる神様や仏様迄無理言ふて、案じくらした甲斐もなふ」
② 神のように人格円満な人をいう語。
③ ある分野で、絶対的な権力、また、きわめてすぐれた能力を持つ者。
※彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉四「そのころの咢堂は、憲政の神さまと呼ばれていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神様」の解説

かみ‐さま【神様】

を敬っていう語。
ある専門分野について、特にすぐれた知識・才能・技術を持った人。「サッカーの神様

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「神様」の解説

神様

川上弘美の短編小説、および同作を表題作とする小説集。作品は、1994年に第1回パスカル短編文学新人賞で大賞受賞した、著者のデビュー作。作品集は1998年の刊行で、ほかに「クリスマス」「河童玉」「草上昼食」などの作品を収める。1999年、第9回紫式部文学賞および第9回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android