鶴岡 一人(読み)ツルオカ カズト

20世紀日本人名事典の解説

鶴岡 一人
ツルオカ カズト

昭和期のプロ野球選手,プロ野球監督



生年
大正5(1916)年7月27日

没年
平成12(2000)年3月7日

出生地
広島県呉市

学歴〔年〕
法政大学〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
大阪文化賞〔昭和41年〕,放送文化賞(第27回 昭50年度)〔昭和51年〕,スポーツ功労者(文部省)〔平成3年〕,勲四等旭日小綬章〔平成3年〕

経歴
法大時代から天才ぶりを発揮、昭和14年内野手として南海に入団。新人で本塁打王となる。翌15年召集。戦後、復員とともに21年近畿日本(南海改名)の監督兼4番打者として活躍。最高殊勲選手3回、打点王1回を獲得。43年まで南海ホークスの監督を務めたが、この間、リーグ優勝11回、日本シリーズ優勝2回を飾る。監督通算1773勝は日本最多記録。一軍と二軍を能力に応じて分けるファーム制度の生みの親でもある。40年殿堂入り。解説者生活を送る。選手としては実働8年、754試合、2681打数790安打、61本塁打、467打点、打率.295。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

鶴岡 一人 (つるおか かずと)

生年月日:1916年7月27日
昭和時代の野球評論家;プロ野球監督
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴岡 一人の関連情報