コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復員 ふくいんdemobilization

翻訳|demobilization

5件 の用語解説(復員の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

復員
ふくいん
demobilization

動員に対比して使用し,戦争または事変の終結に際し,戦時編制下の陸・海・空軍部隊を平和編制に復すること。復員完結とは,予・後備役軍人の召集解除,徴発解除,戦時特設機関の閉鎖など,平時体制に復することをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐いん〔‐ヰン〕【復員】

[名](スル)戦時編制の軍隊を平時体制に戻し、兵員の召集を解除すること。また、兵役を解かれて帰省すること。「外地から復員する」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

復員【ふくいん】

動員に対応する軍事用語で,召集,徴発等を解除し,平常状態に復すること。馬,物資,施設の場合にも使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくいん【復員】

戦時に動員した軍隊を平時の体制に復し,召集した兵員の服務を解くことをいう。1945年8月の敗戦によって日本帝国陸海軍は武装解除され,内地部隊の兵士は召集を解かれて自宅に帰り,外地部隊も戦犯容疑者に指名された者以外は逐次帰国した。天皇は終戦詔書に次いで,8月17日と25日の2回,陸海軍人に対する勅語・勅諭を出して整然と復員を実施するよう要望した。終戦時の陸軍兵力は約547万人であったが,内地陸軍部隊は,まずアメリカ軍進駐地点での摩擦を避けるために8月21日,22日に兵団の移動を行い,25日から復員が開始されて10月15日までに復員業務を担当する陸軍省等を除き約210万人が復員を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふくいん【復員】

( 名 ) スル
戦時体制の軍隊を平時体制に戻し、兵員の召集を解くこと。また、召集を解かれて兵役を離れること。 「大陸から-する」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

復員の関連情報