鶴沢藤蔵(初代)(読み)つるざわ とうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢藤蔵(初代) つるざわ-とうぞう

1903-1965 大正-昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
明治36年1月31日生まれ。7代竹本源太夫の養子。3代鶴沢清六門人。昭和27年鶴沢藤蔵を名のり豊竹山城少掾(やましろのしょうじょう)の三味線方をつとめた。昭和40年1月21日死去。61歳。大阪出身。本名は尾崎保男。初名は鶴沢清二郎。著作に「文楽の人形と三味線」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android