豊竹山城少掾(読み)とよたけやましろのしょうじょう

  • 1878―1967
  • とよたけやましろのしょうじょう〔やましろのセウじよう〕
  • 豊竹山城少掾 とよたけ-やましろのしょうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1878.12.15. 東京
[没]1967.4.22. 京都
太夫節の太夫。本名金杉弥太郎。2世竹本津太夫門弟。津葉芽太夫から 1909年2世豊竹古靭 (こうつぼ) 太夫を襲名。相三味線3世鶴沢清六薫陶を受け,その没後 49年まで4世清六を相三味線とした。大正末期から昭和初期にかけて3世竹本津太夫,6世竹本土佐太夫とともに三巨頭と呼ばれ,42年文楽座最後の紋下 (総座頭) となる。 46年帝国芸術院会員,47年秩父宮家から山城少掾の掾号受領。 55年重要無形文化財保持者に認定され,59年引退。 60年文化功労者。大正~昭和の文楽を代表する名人。厳格な修業を経て,古典的な義太夫節語り手として最高の技術を身につけ,義太夫節に近代的,心理主義的演出を導入,山城風といわれる芸風確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[1878~1967]義太夫節の太夫。東京の生まれ。本名、金杉弥太郎。前名、古靭(こうつぼ)太夫。秩父宮家から山城少掾を受領。義太夫節の古格を守りつつ、近代的芸風を確立。「熊谷陣屋」「道明寺」などを得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

義太夫節演奏家。本名金杉弥太郎。東京に生まれ,歌舞伎俳優を志したが,文楽上演に接して志をかえ,1889年大阪へ移住,2世竹本津太夫に師事。1955年人間国宝に指定され,戦後の文楽界の第一人者であった。
→関連項目鶴沢清六

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1878-1967 明治-昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
明治11年12月15日生まれ。義太夫節の2代竹本津太夫に入門,竹本津葉芽太夫(つばめだゆう)を名のる。明治42年2代豊竹古靱太夫(こうつぼだゆう)を襲名。相三味線3代鶴沢清六の薫陶をうけ,のち4代清六とコンビをくむ。昭和17年文楽座の櫓下(やぐらした)。22年山城少掾を受領。同年芸術院会員。30年人間国宝。35年文化功労者。昭和42年4月22日死去。88歳。東京出身。本名は金杉弥太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1878‐1967(明治11‐昭和42)
義太夫節の太夫。本名金杉弥太郎。東京出身。幼時に歌舞伎の子役を勤めたがのちに5世竹本津賀太夫に入門して小津賀太夫を名のり,1889年大阪へ行き2世竹本津太夫に入門,津葉芽太夫(つばめだゆう)となり,1909年2世豊竹古靱太夫(こうつぼだゆう)を襲名,42年3世竹本津太夫のあとを受けて文楽座櫓下となる。47年秩父宮家より受領して豊竹山城少掾藤原重房を名のった。59年高齢のため引退。小音で非力な弱点を明確な口さばきと巧みな音遣いでカバーし,登場人物の克明な心理描写や行き届いた詞章解釈によってリアリティに富んだ独特の語り口を完成,義太夫節の近代化を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義太夫(ぎだゆう)節の太夫。昭和を代表する名人。東京・浅草の生まれで、本名は金杉弥太郎。1889年(明治22)大阪へ出て2世竹本津太夫に入門し、竹本津葉芽(つばめ)太夫を名のって文楽(ぶんらく)座へ出座した。1909年(明治42)に2世豊竹古靭(こうつぼ)太夫を襲名、3世鶴沢清六(せいろく)を相三味線に厳しい指導を受ける。昭和初期には、3世竹本津太夫や6世竹本土佐太夫とともに三巨頭時代を築いた。津太夫没後の42年(昭和17)に文楽座の櫓下(やぐらした)となり、また47年には秩父(ちちぶ)宮家から豊竹山城少掾藤原重房の掾号を受けた。46年に芸術院会員、55年に重要無形文化財保持者に認定、60年には文化功労者となる。非力と悪声を詞(ことば)と音遣(おんづか)いによって克服し、59年に引退するまで、登場人物の心理や情景の描写に努めた。理知的で写実的な語り口は「山城風(ふう)」と賞賛された。『熊谷陣屋(くまがいじんや)』『合邦(がっぽう)』『堀川』のほか、気品を必要とする『二月堂』や『道明寺(どうみょうじ)』は絶品であった。昭和42年4月22日没。

[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

義太夫節の太夫。本名金杉彌太郎。東京出身。明治四二年(一九〇九)二世豊竹古靱太夫を襲名、昭和二二年(一九四七)山城少掾を受領。戦中・戦後の文楽の大立者。新鮮な作品解釈と巧妙な語り口で現代人を魅了した。同三五年文化功労者。明治一一~昭和四二年(一八七八‐一九六七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android