鶴脛(読み)ツルハギ

大辞林 第三版の解説

つるはぎ【鶴脛】

(鶴の脚のように)衣の丈が短くすねが長く現れ出ていること。 「氏の院に-・裸にて上に居つつ/宇津保 国譲下」 → 裸鶴脛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android