鶴脛(読み)つるはぎ

精選版 日本国語大辞典「鶴脛」の解説

つる‐はぎ【鶴脛】

〘名〙
鶴の脛。鶴の脚。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「汐越や鶴はぎぬれて海涼し」
② 着物の丈が短くて、脛を長く外に出していることのたとえ。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「つぎの布のわわけたる、つるはぎにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鶴脛」の解説

つる‐はぎ【鶴×脛】

着物の短い裾からすねが長く現れること。また、そのすね。
の布のわわけたる―にて」〈宇津保・吹上下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「鶴脛」の解説

【鶴脛】かくけい

つるのすね。長い脚。〔荘子、拇〕鳧脛(ふけい)は短しと雖も、之れを續がば則ち憂へん。鶴脛は長しと雖も、之れを斷たば則ち悲しまん。

字通「鶴」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android