鶴脛(読み)ツルハギ

  • 鶴×脛

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 鶴の脛。鶴の脚。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)象潟「汐越や鶴はぎぬれて海涼し」
② 着物の丈が短くて、脛を長く外に出していることのたとえ。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「つぎの布のわわけたる、つるはぎにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android