コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴舞公園 つるまこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴舞公園
つるまこうえん

「つるまい」とも呼ばれ,JR中央本線の駅名はつるまい。愛知県名古屋市昭和区北西部にある公園。新堀川改修工事の掘土で埋立てて,1909年開園。面積 0.24km2大理石の噴水塔を中心として放射状に花壇が造られ,音楽堂,図書館,公会堂,運動場,野球場などの文化施設,和洋風の庭園などがあり,桜祭,つつじ祭,菖蒲祭などで市民に親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鶴舞公園

1909(明治42)年に完成。名古屋市が設置した公園第1号だ。読み方は「つるま」公園。水が流れる場所を意味する「水流間(つるま)」と呼ばれていたことから「鶴舞」の漢字が当てられたとの説もある。園内の鶴舞中央図書館や近くの鶴舞小学校も「つるま」だが、駅や町名は「つるまい」。違いの理由を鶴舞中央図書館に調べてもらったが、はっきりした資料は見つからなかった。

(2016-10-18 朝日新聞 朝刊 三重全県・地域総合)

鶴舞公園

1909(明治42)年に完成。名古屋市が設置した公園第1号だ。読み方は「つるま」公園。水が流れる場所を意味する「水流間(つるま)」と呼ばれていたことから「鶴舞」の漢字が当てられたとの説もある。園内の鶴舞中央図書館や近くの鶴舞小学校も「つるま」だが、駅や町名は「つるまい」。違いの理由を鶴舞中央図書館に調べてもらったが、はっきりした資料は見つからなかった。

(2016-10-18 朝日新聞 朝刊 三重全県・地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鶴舞(つるま)公園

愛知県名古屋市昭和区にある公園。1909年開園。日本の歴史公園100選に選ばれている。「つるまいこうえん」とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕鶴舞公園(つるまこうえん)


名古屋市昭和区にある公園。かつての沼地を1909年(明治42)に近くの精進(しょうじん)川(現新堀(しんぼり)川)改修工事の残土で埋め立てて造園。フランス式・日本式の庭園様式を併せもった和洋折衷公園。ツツジ・バラ・ハナショウブなど花の名所としても知られる。面積24.7ha。高さ9mの大噴水や陸上競技場・野球場、公会堂・図書館など各種施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

鶴舞公園の関連キーワード八幡山古墳〈愛知県〉中京大中京高校登録記念物北王 英一鈴木禎次

鶴舞公園の関連情報